2012年6月30日土曜日

準備開始!

来週半ば、多くのパリの学校が休みに入ります。うちの子猿達の学校もそうで今週は父母を迎えたクラスでの「朝食会」があったり、通信簿もらったりすっかり終焉モードでした。
朝食会は、PTAがイニシアティブを取り、男子の家はヴィノアゼリーと一括されるクロワッサン、ブリオッシュなどのパン、女子の家はジュース類を持ち寄り、先生に小さなプレゼントを差し上げ、御礼の気持ちを伝える、という趣旨のもの。
週明け月曜日には、教科書も学校主催の古本市(こうして教科書をリサイクリングするのです)に出すし、果たして授業はどうするのだろうか。多分復習程度のことをするのでしょう。
というのも、学校を休ませ一足早く夏休みに入る家も多いのです。学校までそれに協力しちゃうっていうところがさすが、バカンスの国、フランスでしょう? 

この夏、七月は私と子猿達だけで日本に向かいます。前半は子猿達を日本の学校に体験入学させ、後半は夫も合流し、始めての広島と京都旅行の予定、もちろん日本の誇り、新幹線で行きます。 
今回は二年ぶりの本格帰省。
二年前は、闘病中だった友人に会いに行ったことを思い出します。今は故人になってしまったけれど、今回も会えそうな気がする。何というのでしょう、日本の真夏の空の中に彼女がいるような、そんな気がするのです。 
彼女と一緒に思い出すのは、やはり何年か前に他界した同年代の友人。壮絶な闘病、幼子を残しての旅立ちだったのに、「人生は良かった」と言ってたと聞いています。この言葉、私のキーワードです。最期を前にこういえる、そんな勇敢な女性になりたい、そういう人生を歩みたい。 

よっしゃ、がんばるぞ! 
スーツケースを引っ張りだし、準備開始です!

2 件のコメント:

  1. 日本での夏休み、楽しみですね。
    子供達の体験入学はとてもいいこと。日本では簡単に受け入れてくれるのはお母さんにとって嬉しいですよね。私のこちらの友達も毎年しているし、シスコの日仏カップルの友達もそうしているのですが、フランスでは簡単にいかないらしく、コネを見つけてやっと入れてもらったと言ってました。例の如く、規則とか何とかで、ややこしくなっているそうです。
    僕達、2ヶ月の夏休みの間にぐんと成長することでしょう。
    Bonnes Vacances!

    返信削除
  2. ここんさん、コメントありがとうございます。昨年、アメリカに住むフランス国籍を持つ姪っ子(姉妹揃ってフランス人と結婚しているのです)が4ヶ月ほど、うちにホームステイして、Collegeに通いました。そのための手続きの面倒だったこと!日本は驚くほど体験入学が整備されていて、教育委員会に連絡したらスムーズにできました。日本の夏、私の世代ですと甲子園とカルピス、せみ時雨、です。この汗だくの爽やかさを味わってもらいたい、というのが母猿の押し付けなのです。

    今回は7月だけ、日本で、8月後半はここんさんのお住まいになるブルターニュに行きます!カルナックまで夫が車を出してくれるようでしたら、連絡させていただきますね!
    どうぞ素敵な夏をおむかえください!

    返信削除