2012年6月24日日曜日

主婦のプライド

いつの間にか、夜7時を過ぎているパリです。一ヵ月前からのバタバタが微熱となって表面化してきました。それを言い訳に、朝二度寝て、ちょっと前に昼寝から起きたので、一日が短いこと!

睡眠の間々に読んでいるのは、山口瞳の「結婚しません」です。1967年出版ということですから、私が生まれた頃に出版された本、先日の震災バザーで見つけた本です。私が生まれた頃から今の結婚しない症候群は存在したのですねぇ。
第一話の女性は、いわゆる略奪愛(不倫相手が妻子を捨て彼女と結婚をする)となりかけるのですが、そうなると捨てられる奥さんが、女と言うものが可哀想になってしまって、結婚する気を失ってしまう、と言う話でした。「戦争があったでしょ。あれでダメになっちゃったの。かわいそうって思うとさ」という下りに何となくその気持ちがわかるような気がしました。自分の幸せを他の人のものの前に持っていけない、そんなことしたら、生きている意義の大前提が崩れる、というか、そんな気持ちだったのではないでしょうか。
山口瞳さんって、あれですよね?サントリーのトリスのコピーライターだった人。現実的で繊細で粋な視点が感じられる作風、いい本に出会いました。

そして土曜の午後のマイ・ルーティーンはアイロンがけ、遅まきながら先ほど終了しました。
毎週、夫が子猿達を公園に連れて行ってる間に、桑田さんのラジオ番組の録音を聴きながらのアイロンがけ。アイロンがけって本当に面倒くさい。決して好きな作業ではないのですが、ふと、もし、貴女の余命は何ヶ月です、と言われるような時が来ても、私はアイロンがけをし続けたい、と思いました。何というのでしょう、私の主婦としてのプライドなのだと思います。変なこと考えますねぇ、私。

……と徒然に書いていましたら、子猿一同帰って来ました。
では、また明日!

2 件のコメント:

  1. えらいなぁ、アイロンがけ!

    私も独身時代は夫のワイシャツにきれいにアイロンをかける妻を夢想していたのですが、現実にはほとんどやりません。Lazyelephantさんを見習って週に一回ぐらはいやるかな~

    でもぱりっとアイロンのきいた服を着た人を見ると、それだけでその人(の家族も)を見直してしまいます。

    返信削除
  2. コメントありがとうございます!いやいや、パリッとしてませんよ、私のアイロンがけ。そして一週間溜め込み、これ見よがしにギャラリーのあるなかでアイロン台などを準備して、さも辛いことをしてあげている、あなた達は楽しく公園でも行ってらっしゃい、という雰囲気を出しながら、実は、桑田さんのラジオにハモったりしながら楽しい一人時間を過ごしているのです。そして、夫のシャツ以外は、アイロンがけが必要ないものを買うように心がけてもいる、怠け象なのでした。

    返信削除