2011年12月19日月曜日

餅つき in Paris


週末が来るたびに思うのは、私は食器洗い機の中身を出すためにこの家にいるのだろうか、ということ。朝・昼・晩、食洗機に皿をいれ、ボタンを押し、取り出す。どうしてこんなに単純なことを誰も手伝わない? 

日本にいらっしゃる方にすれば、あるだけいいじゃないの、ということになると思いますが、人間不満はいつでも生まれるもので、夫、そして13歳の姪も、もちろん子猿達も食器洗い機が一杯でもスイッチオンしないし、終わったよ~、というシグナルが出ていても何もしません。当然のごとく、ほっておきます。 

こんな些細なことにイラつくのも、昨日の土曜日はお客様があり、夜遅くまで洗い物に追われていたからでしょう。 

そんな日曜日。まだまだ疲労の色強く、夫も疲れているよう。段取りは全部私がやったのに、何で疲れる?って聞きたいのですが、グッとガマン。そして、神様ごめんなさい、ミサはさぼり、昨日の残り物でお昼を終わらせ、子猿達の日本語補修校主催の餅つきパーティーに行ってきました。 


餅つき、これが良かったのです! 
当初面倒くさそうにしていた夫も、主催者側のホスピタリティーに、兄猿にせっつかれての初の餅つき体験に喜びを感じたようで、「杵は重たいんだよ」って嬉しそうに報告してくれました。 
子猿も帰りがけぽつっと「楽しかった」って言ってくれたし。 



こうして思うのは、今家族がいる自分は本当に幸せだということ。食洗機で孤独を噛み締めたりもしますが、夫が、子猿達が、前向きな気持で明日を迎えられるようにと、段取りし、食べさせ、寝させ、という単純な日々に喜びを感じます。心身共に元気な家族を見て、私もエネルギーをもらっているのです。 

さて、餅つき。 
「日本では正月に餅で祝うので、年末には各地方、各地域、各家庭で餅つきをします」と主催者さんより解説がありました。 

・・・・・・うちはそこら辺の風習をフォローするの、弱かったからなぁ、年末行事ということを忘れていました。 

白いご飯をついただけの超シンプルな祝い食の御餅。 
貧しかった頃の日本ではご馳走だったのでしょう。でも贅沢な現代人の私には、このシンプルさが、ご馳走というよりは、「日本の美」として映ります。白くって噛み締めると甘くって、おなかの持ちがよくって、あぁ、大好き、御餅も日本も。 

お土産用の切り餅を分けてもらいました。5ピースで2・5ユーロのを二袋。この5ユーロはタイの水害に遭われた方達の義援金となるそうです。主催者様、本当にありがとうございます。素晴らしいです。

この切り餅、早速今夜、兄猿は磯辺にして食べたいそうです。 
食べさせてあげようじゃないですか。 

今週も平和に終わった週末でした。

2 件のコメント:

  1. す・す・すごいですよ、美紀さん!
    このお餅つきの写真の赤いの来て立っているうちの主人です・・・。
    この日私もお餅が買いたくて子供も連れて一家総出で行ってました。
    ちょっとこの日の写真、私も掘り出して見てみます。

    返信削除
  2. えええー!すごい偶然というか、タイムカプセルに乗ったかのような不思議な感覚です。まだ知らぬAmichablisさんのご主人と2年前に餅つきしてたとは!私たちも出会う運命だったのですね♡ とハート印を付けたくなるほどすごい縁を感じてしまいます。

    返信削除