2011年5月31日火曜日

DSKの話

扇動的メディアのフランス、人の心も移ろいやすく、震災→ガタフィー→カーラ(ファーストレディ)妊娠?→DSK、というのが、夫の会社の社食でのトピックだったようなので、これが代表的なフランス的話題だったのでしょう。

DSKこと、Dominique Strauss-Kahn元IMF理事の暴行事件は酷い話でした。
私見ですが、私は有罪だと思います。(いいんですよね、好きなこと書いて。ブログだし、言論の自由、守られていますものね?)前例ありすぎる人だし、今回の現場の状況を読んでいてもDSKがシロとは思えない。

今回の事件で驚いた事をいくつか。
・何故、多くの人が「これは作為的なものだ。DSKをはめようとしている」という策謀説に飛びついているのか。メディア、警察に対する不信感の高さにびっくり。

・仏野党第一党の社会党が「アメリカの司法システムを信頼できない」と堂々と述べたこと。法体制が、民主主義が一番発達しているのはやはりアメリカではないので しょうか。そのアメリカの司法システムを信頼できないって、政治団体である社会党が述べるっていうことは、アメリカを、アメリカの民主主義を信頼していな い≒民主主義を否定している、って取れないこともない。何だか非常識な発言だと思いました。

・DSKの頃、シュワルツネッがーも隠し子が発覚。パワー・アニマルとは、本当にアニマル?Below Human? 

・DSK奥さんは日本の安藤優子的な人と聞いています。今回が初めてではないでしょうに、何故DSKを庇う?

それにしても、DSKをはじめ、恐らく多くいるセクハラ親父(もちろんババァも)にセクハラ・暴行がどういうことなのか、理解させるのは無理なのでしょうか。
以前観たレイプされた人のドキュメンタリー映画で、「レイプとは、個人の尊厳への侵入であり、侵されたものは尊厳を取り戻すのが非常に難しい。尊厳を損うということは、自分を失うこと、『死』と同じなのだ」
というようなことを言っていました。セクハラ・痴漢も基本的に同じだと思います。日本に住む女性なら、痴漢・変態など遭遇してしまったこと、あるかもしれ ません。あの時の記憶、恐怖、嫌悪感、怒り(その通りですね、Nemoさん)など拭っても拭い切れないものだったりしませんか?

昔、合コンした弁護士さん達が、レイプ事件に対して、軽視しているような意見を述べているのを聞いて、認識の違いにびっくりしたことがあります。あの人達が少数派であって欲しい。

脱線してしまいましたね。
DSK、事の顛末はどうなることか。どきどきするあたり、私も司法を信頼しきれていないのでしょう。
OJシンプソン的結末だけは避けて欲しいです。

0 件のコメント:

コメントを投稿