2011年5月25日水曜日

10周年同窓会

日曜日は、パリから60キロほど南下したところにある城下町、フォンテーヌブローに行って参りました。
フォンテーヌブローといえば森、その森の中にある、ビジネス・スクールINSEAD(欧州経営学院)で、卒業10周年行事が催されたのでした。

前回は5周年記念があったのですが、たった5年だと、薄情は私としては、あまり懐かしさもなくすっぽかし。10年経った今回も、学生時代はまるで昨日のこ とのようなので、そんなに盛り上がっていなかったのですが、ま、世界から皆が集まるのに、パリに住む私達が行かないのはねぇ、と、どうでもいい義理を感じ て行ったのです。

行ってよかったと思いました。
懐かしい顔を見て、心では「年取ったね」と言い合いながら、表立っては、「変わらないねぇ」なんて肩叩いちゃったりして。時は思ったより残酷ではなく、歳とって美しくなった人も多かったし、お腹が出てきたり髪が薄くなったことで、より人間味増した感もあったし。
「どうしている?」「元気そうね」と、決してそれ以上の会話にはならないんだけど、それでも「また会えてよかった」って心底感じ合える、こんな同窓生という関係はいいなって、こんな機会をもてたことに感謝の気持ちが湧き上がり。

大金持ちから失職中など、色々な立場の人々が、アメリカから、ブラジルから、香港から、インドから、と集まりました。日本からは誰も来なかったのが残念。「絶対行くわ」と頑張っていた陽子さんは、天国から参加していたに違いない。
意外だったのは、現在専業ママさんしている女性が多かったこと。男性も子煩悩ぶりを見せまくっていたし、昔はあんなにキャリア!って張り切っていた人達なのに。そういう人生のフェーズなのでしょう。10年経って、皆より自然体になった感じがして和みました。
 
次回は20周年同窓会。今回以上に、見栄を張る気もないでしょうし、もう見た目云々というのも通り越しているだろうから、より打解けた会合になることでしょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿