2012年1月15日日曜日

“Chain prayer on the Earth” 「東日本大震災・連鎖祈祷へのお誘い」

ソーシャル・ネットワーク・サービス、エトランゼのメンバーより、こんな素晴らしいイニシアティブを紹介していただきました。 

宗教を越えて、ただただ祈る、あの日は皆そうだったのではないでしょうか。 

独りじゃない、皆が祈っている。皆で祈っている。 
このことが力となることを信じています。 

どんどん拡散(ツィッター用語ですが、宣伝とでもいうか)してくださいませ。 

“Chain prayer on the Earth”
「東日本大震災・連鎖祈祷へのお誘い」  

『もし、あなたがたのうちふたりが、どんな事でも、地上で心を一つにして祈るなら、天におられるわたしの父は、それをかなえてくださいます。』
新約聖書 マタイの福音書 第18章19節

2011年3月11日14時46分。日本の太平洋三陸沖を震源として発生したマグニチュード9.0の巨大地震は、東日本大震災を引き起こし、東北から関東にかけての東日本一帯に死者・行方不明者、合わせて約2万人もの甚大な被害をもたらしました。

震災から1年となる2012年3月11日に、この震災で被災された方々のため、被災地で働かれている方々のため、また関係するすべての方々のために、そして私たちがこの震災の事を覚えるために午前11:45から5分間、一緒に祈っていただきたいのです。

2012年3月11日は日曜日です。各国それぞれ、教会での礼拝の中で、または自宅で、場所はどこででもいいのです。
地球上、各国の間には時差があります。それぞれの国での午前11:45からの祈りは24時間で地球を回り、大きな祈りの連鎖になります。
どうぞご参加ください。

0 件のコメント:

コメントを投稿