2011年9月27日火曜日

世界各国の給食

こんなサイトを見つけました。

世界二十カ国の給食の写真です。

日本、私の時代に比べると随分美味しそうになりましたね。

イギリスの、ちょっとかわいそう過ぎ。

アフリカの子供達の笑顔が可愛すぎる、まぶしすぎる!

フランス、アーティチョークが給食に出ちゃうの、食べるのに、ちょっと時間かかりすぎではないでしょうか。Mais bon、うちの子猿達、給食美味しいっていってます。私も食べてみたいな。
 そうそう、先日、うちのちび猿、小児科より、体重増えていなさ過ぎの警告を受けてしまいまして、給食もっと食べるように指導して、と学校に頼めって。言ったらやってくれるのかしら。

ま、興味ある方、是非観てみてください、このサイト。ちょっとした文化比較になりますよ。

2 件のコメント:

  1. やはり日本と韓国は手間がかかっていますね。家内によれば、20年前レンヌの公立小学校では、レストランのようにアントレ、メインと一皿ごとに掛かりのおばさんが料理を子供たちに配ってくれていたのですが、このサイトによれば盆の上に全部載っています。フランスも変わったのかしらと申しておりました。

    返信削除
  2. 豊栄さん、
    小学校、多くのところは、社員食堂風に、ベルトコンベア式のことが多いようですよ。私も30年以上前ですが、ロンドンの小学校で、すでにこの方法で給食食べていました。

    フランスの幼稚園は、奥様がおっしゃるように、おばさんが一人一人のお皿に盛ってくれるようです。

    返信削除