2011年9月20日火曜日

花火大会




先日は、「欧州一の花火大 会」と歌った「Grand Feu a Domaine de St Cloud」がありました。姪っ子も来ているし、出かけてみようかと思って調べると、なんと末席でも28ユーロとか。きっとくだらないMCが入ったりする んだろうし、家のベランダから見ることにしました。


うちからは丁度良く見えました。が、ラグビー場建設中で、クレーン車がど真ん中に。ま、しょうがないですね、それくらいは。 

花火といえば、子供の頃に伊豆の海辺で観たのがいまだに首位の座にいます。最後の〆に、海の上を花火のカーテンのように、縦に花火が下りていくの があってその美しさに圧倒されたのですが、なにしろ35年も前のこと、果たして本当にそうだったのか、拡大鏡になりがちな子供の目カメラの為せる業なの か。 


子猿達にとっても思い出の花火大会になるかな、と思っていると、兄猿が、昨夏に湘南で見た花火の方が凄かったねぇ、といってました。
何だか嬉しい大和撫子母猿。花火は日本のお家芸ですものね!

このグラン・フ(大花火)何と2時間くらい、上げにあげまくっていました。その花火の量たるもの、確かに欧州一でしょう。

それにしても家からにして良かった。気温は13~15度くらいだったかと覚えています。子猿達のぬいぐるみもタオルのブランケットをかけてもらっていました。

2 件のコメント:

  1. あっ、美紀さん甘い甘い。
    花火を見る時は電気は消さないとっ!

    返信削除
  2. そうでしたか、暗い暗い、と文句を言い、次から次へとランプを持ってこさせたワタクシ目でした。この花火、一度現場で見てみたい、と思いつつ、腰が挙がらないのはこの寒さゆえ、かもしれないです。

    返信削除