2013年5月29日水曜日

Why Women Still Can’t Have It All 女性にとってのワークライフ・バランス


また曇り空に戻った今朝のパリです。
曇り空でも、季節の風物詩「全仏テニス」が初夏の到来を教えてくれる、……ローランギャロス近くの住人の特権です。

さて、今朝はリオデジャネイロに住む友人から、「この記事読んでみて! 目からウロコだったの」とブラジル人らしい、パッションなメールが届きました。リンクをクリックすると……あのぅ、ポルトガル語なんですが。

でもキーワードを頼りにたどり着いたのがこのリンク

http://www.theatlantic.com/magazine/archive/2012/07/why-women-still-cant-have-it-all/309020/6/

関連和文記事はアンマリー・スローターで検索するといくつか出てきます。

アンマリーさんは、前国務長官のヒラリー・クリントンの政策担当者だった人。それなのに任期途中にして、「子供と時間を過ごすため」退任し、この「Why Women Still Can’t Have It All」という時代に反した論文を発表し反響を呼んだらしい。

「男女平等の世の中になり(アメリカではね)、女性は家庭もキャリアも得られるようになったというけれど、それはごく限られた超人以外の女性にとっては幻想だと思う。」
「男性は大黒柱、女性は家事育児というのは社会が決めただけでなく、……女性には、母性というものがあって、自分で子供の面倒を見たい、一緒に過ごしたいという欲求がある」
「どんなに重要なポストに就いていても、仕事では代役を見つけることはできるけれど、子供には私しかいない」

などなど。ふむふむ。

ワタクシ目も、たった9カ月のワーキングマザー経験を終えたばかりですが、確かに大変だと思うときもありました。
私は産休代理という、長期的な責任をあまり感じなくてよい(違った?)ポストでしたが、もし、これがもっと上級の重要なポストだったり、部下の将来を担う立場だったなら、家族を養わなくてはいけないという責任があったのなら、そう簡単に「では、お先に失礼します!」といってメトロに乗り、すぐさま、「今夜のおかずは…」とか「洗濯しなくちゃかしら」とお母さんモードに切り替われたか?
お母さんタイムも、本当はもっと辛抱強く、理性的に子供と接したくても、疲れていると中々そうはいかず、「絵本読んで~」とか宿題を見るのとか、もっとやってあげたいけれど、できず……。

またこの記事を読んでいて思い出したのは7,8年前に出会ったフランス人女性。以前は、ルーブルのキュレーターとして、仕事と家庭を両立させながら働いていたけれど、ある時に辞職しました。「もったいない!」というと、「う~ん、でも私の家族の場合、私が働いていない方がよくファンクションするの」と言ってました。「ただ、子供がティーンになった今、私をリスペクトしてないのよね。この前、数学の宿題を解いてあげたら、『ママが?』だって。私の知性をどのレベルだと思っているのかしら」といってました。

拙宅も、多分私がフルタイムで働くよりは家に居る方がファンクションする家族だと思います。夫は協力する気はあるけれど、体力が付いてこない。

アンマリーさんは、
・学校の就業時間をワーキングマザーに沿うようにしたらいい、といいます。フランスはこの点、既に対応しています
・以前は、若い時からエリート街道を一気に上り続ける、というサクセス・シナリオがあったけれど、寿命も延びた今、そうでないキャリア計画があってもいい。例えば、子供が成長したあと、50代あたりからまたキャリア戦線に戻れるような、そんな計画を立てたらいい。
・とにかく、オフィスで長時間働くというのが美徳という概念を捨てるべき。業務によっては、オフィスでなくてもいいこともあるし。
などなど。

前述のフランス人女性は復職しているかしら。そうであったならいいな。

私ももし、またフルタイムで働く機会があったら、今回よりもっと家事・育児を家政婦さんや家庭教師にお願いしたりして、もっと気持ちに余裕が持てるようにしたいと思います。それでも残業は家に持って帰るという条件でお願いせざるを得ないと思う。

今後は雇用側にそういう理解がないと、女性が社会で活躍し、一方で子供が笑顔で過ごせる社会という2つのゴールは達成されないと思う。ベルカセム女性権利相(そうです、そんな省庁ができたのですよ、オランド政権で)には、ゲイ男性らの結婚式に出るのもいいのですが、どちらかというとこういった啓蒙活動に力を配分してもらいたいです。

Why Women Still Can’t Have It All……直訳すると、何故女性は全てを手に入れられないのか」……ちょっとセンセーショナルなタイトルですが、「人生で何が大切なのか、しっかり見極め、一番大切な物のためには、その次に大切なものを捨てる覚悟も大切」というメッセージを受け止めました。
忘れないように、忘れないように。



0 件のコメント:

コメントを投稿