2013年5月25日土曜日

今日のお子猿ランチ


あっという間に金曜日となりました。

今週のパリは本当に寒かったこと! 特に今朝は5℃くらいだったので、ついに地下にある倉庫より兄猿の冬のブルゾンを取ってきました。兄猿用の春・秋用のブルゾンは、冬が明け、兄猿に着させたら見事に七分だけになっていました。チビ猿はちびだから大きすぎるだろうな、と思いつつ着せてみたら、なんとぴったり。子猿たち目、どんどん成長しているのですねぇ。感謝です。

今週は月曜がパンタコート/ペンタコステの祝日でしたので、子猿のランチは今日だけでした。鶏のもも肉をバターで焼いたのを紫キャベツ、ニンジン、玉ねぎ、赤ワインでちょっと煮したもの、レンズ豆の水煮、白米2、玄米1.5、キヌア0.5、黒米大匙1で炊いた雑穀米に……



フルーツサラダです。手元にあったキウイ、オレンジ、バナナを切って混ぜただけです。

本当は火曜日にイタリアンレストランで食べた、このフルーツサラダを再現したかったのですが



……午前中のすさまじい豪雨に買い物をさぼってしまったのでした。

フルーツサラダって、元々あんまり興味がなかったのですが、胃が弱い夫とフルーツ好きの兄猿のおかげで、ちょっと見直している一皿です。あと、カタールに住んでいた頃、野菜より、フルーツサラダの材料になるような季節感ない果物の方が手に入りやすかったので(季節感ないアメリカ人が多いから? )あの頃より、研究が始まっていたかも……。
私にとってのベスト・フルーツサラダには、パイナップル、オレンジ、バナナは絶対必要、それに林檎か洋ナシ、イチゴ、マンゴ、キウイ(キウイは時間が経つと苦くなるので注意)などがいい感じです。ぶどうも種を取る気概があるならどうぞって感じかな。これを混ぜるだけ。もしオレンジのジュースがあまりないものだったり、酸味がきつすぎるようだったら、レモン汁と粉砂糖を、サーブする直前にかける。大人の集まりなら、ラム酒もちょろっと。そしてフルーツは小さ目に切ることも胃弱な人にはお薦めです。

今日は子猿とそのお友達を学校に送り込んでから、ブローニュにある、Pedra Altaだっけ? そんな名前のシーフード屋さんに行ってきました。

ポルトガルのチェーン店のようなのですが、食事時はいつも行列ができていて、気になっていたけれど行列嫌いの夫は誘えないし、試す機会がなかったレストランでした。

フォトログ、行きますよ~。
すごいでしょ?何でしょう
ムールとあるのに、大きなエビ付き!大きさをわかってもらえるようにパンを置いてみました。
これで一人分だって!
ムールとこのフリット付いている。3人分ってところかな
そしてカニが2杯!味噌が美味しかったこと!これには
ちょっと残念な仕上がりだけど寒い日には嬉しいトマト・シーフード・ご飯スープみたいなのがついて
20ユーロしませんでした。
ムール+フリットも同様
調子に乗って我が青春のチョコレートパフェまで食べてしまった!
もう、おなか一杯頂きました。スゴイ満足感でした。たまにはいいですね、こういうのも。

今週は火曜日も友達と優雅なランチでしたし、エンゲル係数が高かったけれど、いいよね?
貧乏性で、こういして自分の食事などにお金をかけることに罪悪感があって、そんなみみっちい自分が情けないと嫌だったころもあったのですが、最近は、これは私という人間の来歴なんだ、と受け入れることができるようになりました。これから先の人生はありのままの自分をどんどん受け入れることが出来そうな予感です。がさつで野暮な奴ですが、どうそお付き合いくださいまし。

寒いパリですが、この気候が好きなのか、ベランダのテッセンがこの春、たくさん花をつけてくれました。この鉢買ったのは確か4年前。その美しさ、今年が最高記録だと思う。



明日は何しようかな。
皆さん、どうぞよい週末を~!

0 件のコメント:

コメントを投稿