2012年9月26日水曜日

フランス人ってやつは……

先週、ふとキオスクでこんな雑誌広告を見かけました。

新聞ルモンド誌の日曜版。ジャンポール・ベルモンド風?

あら、サルコジ。元気そうじゃない。

別にサルコジファンとは言わないけれど、割とDo-er(実行する人)だったし、私生活でも、このリベラルなフランスで、律儀に結婚、離婚、そして結婚を繰り返すところに彼なりのけじめを感じ、お酒飲まないというし、ワーカホリックだったそうだし、憎めないキャラでした。

それにしても、フランスが社会党政権になってから、あまりいい話を聞きません。税率アップ、失業率アップ、ユーロ危機は未解決、エトセトラ、エトセトラ。そしてオランド大統領ねぇ……。政治・経済のポリシー、あまりに時代錯誤していると思うんだな。それに何となく信用置けない感じがするの。平気でウソつきそうって。

どこかのメディアで、今年の大統領選は、サルコジ排除が目的の選挙だったと書いてあったけど、本当、そうだったのかもしれない。サルコジは多数のフランス人にめちゃくちゃ嫌われているよう。

嫌われた理由は色々言われていて、一つには移民の子であること、そしてセレブ気取りのところなど、と言われ、そしてもう一つにいわれているのが、改革をスピーディーにやり過ぎて、周り(国民)は疲れちゃった、という理由づけまであって、フランス人って???って思っちゃいました。

夫曰く、フランス人ってとっても嫉妬心が強いんですってさ。だから、いつも貧乏ぶって、不幸ぶらなくちゃいけないんだって。サルコジは傲慢に映るんですって。出る杭打たれたんだろうって。
……ちょっと日本っぽい?日本の謙虚に謙虚に、っていうのと出所が違うようでいて、そんなに遠くない気もする。

そんな先々週でしたっけ?ルイヴィトン・グループのCEOが税逃れするべくベルギーの国籍を申請したのがニュースに。

新政権が打ち出している税法の一つは富裕税というもので、80万ユーロ以上の資産に最高75%の税金をかけるというもの。ルイヴィトングループのCEOは世界の長者番付でも4位ですから、その納税額はすさまじい額になるでしょう。

もし、私が彼なら、やはり国外に出ると思います。
折角成功したのに、そのほとんどを税金で持ってかれるのなら何故働く?
私には「しょうがないよね」的なニュースだったのです。

それがななんと、すごい批判の嵐!「裏切り者」「国賊」呼ばわり。

大統領も非国民に近い言葉で非難してましたっけ。

何だろう、遵法国家なんだから、法的に正しい行為である限り、公職にある人がこんなこと言っていいのだろうか、と、ちょっとフランスが怖くなりましたよ。

今後5年間、フランスはどんな国になるのか、悲観的になってしまう、昨今のエトランゼです……。



2 件のコメント:

  1. 私と主人は意見が同じになることは少ないのですが、サルコジ支持に関しては一致していました。ですから、氏の有能さがどうしてわからないのだろうと不思議で 彼が再選されなかったのを大いに嘆いたものです。

    私の考えるところでは、フランス大革命を起こした祖先の血が流れている国民の お上に何でも文句をつけなければ気がすまない習慣は ポジティブな面もネガティブにしてしまうという欠点になって、それが社会の進歩を妨げているのではないか、と解釈しているのですが、、、

    返信削除
  2. ここんさん、コメントありがとうございます。ずっと気づかずにいました。ここんさんもサルコジ派なのですね。また政界に戻ってくるのでしょうか。もちろん欠点もあったのでしょうが、有能だったのに、フランス人ってバカ!って思いました。政治・経済・社会、三拍子そろっていいニュースがなく、とても停滞感を感じています…。でも希望を持ちづつけなくてはですね。うん、頑張ります。

    返信削除