2012年9月29日土曜日

1週間お疲れ様!の林檎のタルトと虹


今週は頑張りすぎたようです。大したことはしていないんだけど、疲れた~。

なので今朝は家事育児放り出し中。

だってさ、と以下2行ほど愚痴ろうと思います。


うちの夫はとても優しい人だけど、もう一声の時がある。
彼もいっぱいイッパイなのはわかるけれど、子供の送り迎えとか、もう少し率先してやってくれてもいいと思うのに、昨日なんて、まず朝、起きてからのんびりしているから、「子猿、学校に連れてってくれるかな?」と聞いてみると
「う~ん、難しいな。だって学校からメトロの駅まで戻るとすごい時間のロスになるし。(……私、毎朝それやってるんですけど)」
「うん、やっぱり無理だ!9時半からミーティングだから。(……私、9時出社だけど)」
で、私がむっとした雰囲気を悟って「お迎えできそうだったら連絡するね」っていうからさ、私も少し残業したかったので夕方5時過ぎに「行けそう?」と携帯にかけると
「何が?あぁ、お迎えか、ムリムリ」
……だって。
それなのに、子猿たちを引き連れ家に着いたら、彼、先に帰ってるの。
「思ったより早く終わった」だって。
……なにそれ?でしょう?

おっと2行どころではありませんでしたね。


愚痴をお聞かせした代わりに水曜日の激しい夕立のあとの虹の写真をお見せしましょう。
見えますか?2重になってるの。
こういうのいそいそと写真に撮ってくれるのは夫です。だからあんまり文句言わないようにします。

もう一つ、おまけ。

あまりきれいな写真ではありませんが、昨夜作った林檎のタルト。見た目は悪いけれど、大成功!これしか残っていないところがその証拠です。夫の旧友エドガーが5年ぶりに食事に来たのですが、彼が120°くらい食べてくれた。

このエドガー、なんていうのか、残念な人なんです。
裕福な男爵家に生まれ、健康だし、頭いいし、性格もいい。なのに、なぜか自分に自信が持てず、数々のチャンスを逃してきた。うつになるラインの何歩手前かをいつも平行移動してる感じです。モリモリ食べてくれるその姿に、いつもはさびしく食事してるんだろうな、っていう彼の日常を感じちゃった。

さてこの見栄えの悪い林檎タルト。
作り方は、まずタルト部分から。Davidさんのブログのフレンチ・タルト。
バター90グラム、水、サラダ油、砂糖をそれぞれ大匙一杯くらい加え、バターが焦げそうなところまで火にかける。その熱いところに、小麦粉を150グラム入れて、火傷しないようにこねる。それをタルト型に敷き詰めて焼く。

……このタルト生地、本当においしいの!サクサクとしてちょっと沖縄名物のちんすこうみたいな食感でね。それに作るのも簡単ですし、寝かせなくてもいいし。

昨日はこのタルト生地を焼くときに、別の耐熱皿で、林檎のぶつ切りにバターを大匙1くらい乗せて別に焼いて、あとで合体させ、ちょうど昨年の落ち林檎で作った林檎ジャム(これもDavidさんレシピだわ)があったので、それを上に塗ったのでした。

……こうしてブログを書いているうちに気が晴れてきました。みなさんありがとう。
優しい(ほんとか?)奥さん、お母さんに戻れそうです。

どうぞ良い週末を!

0 件のコメント:

コメントを投稿