2013年11月4日月曜日

収穫の秋のお裾分け



遅まきながら、Happy Halloween!




週末に子猿たちを田舎より連れ戻してきました。
義理の両親に二週間預かってもらっていたのです。
多少顔に擦り傷等がありましたが、自然の中でいっぱい遊んだ証拠。元気いっぱいでしたので、まずはめでたしめでたし。

いつもだったら私たち親を交えて会話することが多いのですが、この二週間、どうやら子猿たち二人で過ごす時間が多かったようで、二人のダイアローグ(「おい、これってこうだと思うわないか」「うん、ほんとだ」といったたわいないものですが)が増えたのがちょっと笑えて、ちょっとうれしい母猿。

そうそう、そうやって二人で助け合って生きてっておくれ。

このかぼちゃをはじめ、義母のポタジェ(菜園)は秋の風情たっぷりでした。
現物は無理でも雰囲気だけ、お裾分けのフォトログです。
あたらしく買ってもらった子猿用シャリオ(荷台)の中には…
くるみがいっぱい! 一本の樹からの収穫です

普通のサラダが育つには寒い
冬から春にかけてよく食べるマーシュという若葉
この左側の雑草のようなのがマーシュです。
英語ではラムズサラダ、羊のサラダと呼ばれるそう。
癖がなくって味もあまりないけれど、フランス人の間に愛好者多し
セロリの根もりっぱに太りました。
これは千切りにしてサラダにしたり、ゆでてつぶしてピュレにしたり、
ポトフに入れて食べたりします。
セロリらしく癖があって結構好き
ニンジンもたくさん
紫キャベツ。
これで餃子を作ると薄く紫が透けてちょっと面白い。
Rubinetteという品種。カリッと、元気な音がします
これは多分、Val du Loireという品種。
どちらも冷暗所にて保管すれば、初春までは持ちます
そしてかぼちゃ。
フランスのは水気が多く、青臭さがあります。
お菓子には不向きだけど、ポタージュスープとかかな。
1年分はあるよね、これ。
オランジュリーに柑橘の樹も避難をしました
ライムの緑、11月の陽差しを受け輝いていました
今日はこのくらいにしておきましょう。
あっという間に11月。
師走に入るまでのこの1か月はゆっくりゆったりと秋を愛でたいものです。


2 件のコメント:

  1. 我が家もよく近所でポタジェしている方達からあれこれ野菜や果物を頂きます。
    でも何かが違う・・・。コンテスさんのお野菜達は何だか庶民が作るものよりなんとなく見た目の品がいい!!! これ本当。うちは頂くリンゴはもっとゴツゴツしているし(くれた方すいません、味は美味しかったです!!!)、葉っぱももっと虫食いやら干からびやら。 とは言え実際世話してる方はコンテスさんじゃないのですよね?写真の撮り方もいいのかしら?

    返信削除
  2. Amichablisさん、見てくださってありがとうございます。いや一つ一つを見るとごつごつしています。ただポタジェのどこに何を植えるか、というのはコンテスが指揮していますので、景観は素晴らしいです。悔しいけれど、センスあるのですよ、彼女は。

    返信削除