2013年11月29日金曜日

ちいさな秋たち


ふと立ち止まるともう12月になろうとしている……2013年も旋風のように走り去るのですね。
手遅れにならないうちに、パリの秋をフォトログでお届けします。


今朝、近くのイチョウの樹が切られていました。
運動場を、インドアテニス場にするそう。
兄猿が、「黄色の絨毯がなくなるなんて」
と、とても悲しそうでした。
土曜日は建設反対デモがあるそう。
ワタシも参加するぞ!Manif!Manif!
今月初めにパリ近郊にあるル・コルビジエの家を訪れました
拙宅はル・コルビジエの弟子が設計した建物で、このらせん階段など、
共通する部分がたくさんありました。
コルビジエの庭の近く。
Poissy、いい街だったな。
秋といえばクルミ。秋といえば食欲。
クルミをたくさんいれ、バターとお砂糖とクリームで作ったキャラメルで
超メタボなクルミパイを作った、とある土曜日
翌、日曜日はイングリッシュ・ブレックファストまで食べ……
クルミパイの時に解明された、「なぜ私のリンゴタルトは締りがないか」の答え。
オーブンの下火が超弱かったのでした。
今回は普通に焼いて、終わりの方で下火だけで10分焼いたら
結構いい線いきました!
パイ生地の下と林檎の上にバターとお砂糖たくさん掛け、
激しくメタボなタルトとなり……


花の写真も載せたかったけれど、何故かアップロードできません。
ま、花より団子なのがワタシらしくもあり。

パリの秋は日中も霧が掛かっているような薄暗さ。
夕暮れも早くって、窓からオレンジ色の灯りが点くとホッとする。どんな部屋なんだろう、どんな人が住んでいるんだろう、って想像しながらの散歩。

そんな秋が大好きだけど、今週末からは12月、本格的に冬支度しなくっちゃ。
みなさまもどうぞご自愛くださいね♪


今回は子育ての掟その2です。
お時間あるときにでもご笑読くださいな。


0 件のコメント:

コメントを投稿