2013年7月10日水曜日

横浜ロマン




現在、豪華客船にてクルーズ中です。たまには贅沢もしなくちゃね。
海風の気持ちいいこと!

これが私の客室です。レトロでいいでしょう?




……なんてバレバレですかね。



日本が誇る、氷川丸を見学したときの客室の写真です。

とても素敵な船なのね、氷川丸。
クルーズ=船酔いとしか連想できない私なのに、太平洋に出てみたくなるほど。

というわけで、先週末はひさびさに横浜に行ってきました。


夫も合流したので、男子3人が大好きな船三昧のコースをたて、梅雨明け初日の炎天下の中、母猿がんばりました。


まずは、帆船日本丸。


1930年に作られ50年余りもの間活躍したそう。木造のデッキ、マストの美しいこと。

船内も、規律とロマンを感じるシンプルビューティー。キィキィという足音をたてながら見学していると、船乗りたちの声が聴こえそうなの。付き合いのはずが早くも船舶オタクと化する母猿です。

このあと赤レンガ倉庫に向かい、海上保安庁の船を見て、その雄姿に清々しい気持ちになり、


その足で横浜クルーズへ。

本牧ふ頭の方まで行き、横浜港の大きさを再認識したり、
大桟橋の様変わりに驚いたり。……90年頃に大桟橋に停泊していたクイーン・エリザベス2号でバイトをしていたことが思い出されました。あのころ一緒にバイトしていたあの人、あの彼、あのコたち、みんなどうしているのかな。


下船した足で、わが青春の山下公園を通り、

いざ中華街へ!

中国にいたことがある夫は、他の国の中華料理に納得したことがありません。そのたびに「いつか横浜の中華街に連れてってギャフンと言わせるぞ」と思っていました。

私も多くの国の中華街に行ったことがありますが、横浜中華街のレベルは世界1,2を争うと思うのです。

結果は、合格~!


四川風のソースは、辛いだけでなく、麻の実のこう、すーっとする香りがなくてはならないそうですが、ばっちりだったよう。

ポルトガルから伝来したのでしょうか。夫が試そうって。
エッグタルトと兄猿の好物ゴマ団子も買い食い。
夏バテ知らずです、男子組
また街並みも興味深かったみたいで、たくさん写真を撮っていました。でもわかる。脇道など、こんなに中華中華って並べ立てていても、決して中国ではない、「横浜の中華街」なのよね。

そして最後の〆は冒頭の氷川丸でした。


折しも、浅田次郎氏の「シェエラザード」を読んでいるところ。

阿波丸の悲劇という史実に基づいたフィクションです。
阿波丸(小説では弥勒丸)も、氷川丸も、客船として作られたけれど、戦時中は、食料を運んだり、怪我した軍人を収容する病院船として活躍したそうです。そして氷川丸だけが、戦争を生き抜いたという……。色々見たんだろうな、この船さん。
気分はCapitaine Haddock
船内は、30年代のちょっとノスタルジックなデザインでまさに好み。デッキから見える景色も青々として爽快で、「クルーズしたくなる? 」と夫に聞くと、
「ファーストクラスならね」
だって。

1854年に黒船が来たとき、欧米はもっと開けている神奈川港の開港を望んでいたけれど、日本は横浜を推して、当時は何にもない漁村だった横浜を短期間で「街」に作り替え、欧米を納得させたらしいです。そして繁栄するも、その約60年後に、関東大震災で全てが流された。そして、復興……。


近代化を迫られ、街を作っては地震に流され、また復興する。これが日本の「さだめ」なのでしょうか。


私の知っている横浜とは殆どが様変わりしていたけれど、どんどん進化する、というのがこの街のさだめだと思えば、「いけいけ! 」とハッパかけるしかないわ。


……と思っていたら、気付かぬ間に、夫がニューイングランドホテルの写真を撮っていました。

誰の目から見ても美しいんですね、やっぱり。

古き良き横浜も残っていて、ほっとする母猿でした。




2 件のコメント:

  1. この日本丸、一か月に一度くらいの間隔で帆を広げる日があるんですよ。次回行く時はその日に合わせて行く事をお勧めします!大桟橋も大型客船が出港する時間に子供を連れて行くと楽しみも増します。クイーンエリザベス二世号で仕事をしていたとは、さ・す・が・です。小さい頃寄港の度に見に行ってましたよー。

    返信削除
  2. 日本丸、帆を広げる日があるというのは聞いていました。次回はその日に行こうね、と既に約束させられました!!その大桟橋の出航はロマン満載ですね、私も見たい。ハンカチ振っちゃったりして。QE2はさすがとかではないです。貧乏学生のバイトでした。停まっているのに、揺れになれるのに時間が掛かりました。

    返信削除