2012年12月27日木曜日

クリスマス・レポート

西向きの窓から撮りました。朝焼けが窓に映っているのです。

皆さん、どんなクリスマスを過ごされましたか? 

フランスでは、義理の家族と接することも多くて、日本で言うお正月的な感じで、悲喜こもごもだったり、かな? 

日本では、政権代わったり、決算期だったり、商業的であまり「聖なる」って感じでなさそうですが、雑音にめげずに静かなひと時を持たれたのならいいな、と思っています。 

私も、忘れないうちにどんな感じだったか、書き留めておきます。 

まず、24日のイブの日、午前中に田舎の家を発ちました。 



21日から滞在でした。今回は図らずして持ち主の義理の両親が留守で、私たち家族だけ。リラックスさせてもらいました。普段は子猿たちは大人のサロンには5分以上は滞在できないのですが、一緒にゲームしたりで、幸せでした。
26日からは、義理の妹達の家族(計11人)と義理の叔母、義理両親が集まる予定で(私たちはそれを避けるべく、先に来たのです)、そのため、義母が神経質になっているようでしたので、こちらも、立つ鳥あとを濁さず、と、出がけは朝から神経質に掃除したので、ちょっと疲れたかな~。 


帰り道、我が家からそう遠くないブローニュの街に立ち寄り、マクドナルドでお昼ご飯。子猿たち大喜びです。ブローニュのマックは、ファミリー向けによくできていて、海外のファーストフード屋にありがちな、暗くて貧しい雰囲気がなく、和やかな気分になりました。 
マックで幸せを噛みしめられる私は、安上がりね、と夫に言ったら、「僕もだ」と笑ってました。 

その足でブローニュのモールにて最後のプレゼントを買います。ブローニュはパリ・近郊の中で一番税金が高いとか。お金持ちの街らしく、街は整然としていて、クリスマス・マーケットが出ていたり、豊か気持ちになりました。

家に着くと3時過ぎ。さぁ、散髪、そしてお風呂よ!と母猿がシザー・ハンドと化して、男子三人を追い立てます。身ぎれいにしたところでいざ、教会へ。 





教会ではこの日、家族用×2回、プラス真夜中のミサの計3回、御ミサをします。私たちは5時半のに行きました。10分くらい前に着くと、既に教会は人が溢れています。二階席に行き、立ち見です。教会に溢れんばかりの人を見ていると、昔々はこうやって、信仰の場を求めて民が教会に集まったんだろうな、って何だかグッとくるものがありました。雰囲気に酔いやすいワタクシ、喜び一杯でしたが、ミサも最後の方になると、子供達が走り回ったり祭壇を横切ったりするのを親が何故止めないのだろう、と思ったり、親自身もかなりマナー違反なことをしだしたりするので、いやだなぁ、と思ってしまいました。それを微笑みで見逃す神父様は立派です。 

ミサの後の夜ご飯は、クレープにしました。最近、スモークサーモンが食べられるようになった兄猿と夫は、サーモンクレープ、ちび猿はメーンディッシュがチョコレート・クレープで、デザートはキャラメルクレープ。
「今日だけよ~」
「知ってる知ってる」。
兄猿のお気に入りは、クレープにレモン絞って粉砂糖を沢山掛けるのです。通っぽいでしょう? 

そして子猿たちが寝静まってから、親はこそこそラッピング。夫が毎年、バカみたいに沢山おもちゃを買うのを、「信じられない」とあきれるのも毎度のお定まり。プレゼントをツリーの下に置き、子猿が「サンタさんのために」と用意したクレープを半分食べ、準備完了! 



25日の朝は、写真の状態です。夫からのプレゼントは小さすぎるブラウスでした。ちょっと私のテイストでないデザインだったので、これで堂々と返品することができる!と内心ほっとする母猿。夫はすまなさそうのにするのを、「気にしないで」なんて言っちゃって。 

興奮の中、朝食を終え、昼からは義理両親のところでクリスマスランチ。最近の傾向は、一人ぼっち、夫婦ボッチになってしまった年配の親戚を張り切って義母が招くのです。今回は老人が6、7人、私たち世代が6人、子供達(20歳から3歳まで)9人の大所帯でした。こうなると、長男嫁としては、返って楽。適当に談笑して、食事の準備片づけしてればよし。義母とさしで話す機会も少なく、「ありがとう、ありがとう」とお互いに御礼を言い合って、夕方退散しました。 

そ・し・た・ら! 
家に着くと夫ったらぐったりしているではないですか。パーティの時、特に何にも貢献していないのに! 
自分の家族・親戚なのに、(彼曰く)皆のあまりの無礼さ、醜い年の取り方、本末転倒な祝いの席、エトセトラ・エトセトラでげんなりしちゃって、それが日頃の仕事でのストレス、田舎の家の寒さ、クリスマスの準備エトセトラ、エトセトラと重なって、ダウンしちゃったよう。 

母猿としては、「勘弁してよね~」って感じでしたが、もう寝なさい!と寝かしつけ、私は子猿たちとの夜のデューティー(晩御飯、歯磨きなどなど)に追われて、今日に至りました。 

ふぅー。 

読む方もお疲れになったでしょう。ごめんなさいね。 

今日はお昼にシャンペンの残りを飲んだら、泥のような睡眠に落ちました。1月3日の仕事はじめまで、多分、ずっとグータラに過ごせるかと思うと嬉しくて嬉しくて。そして今頃、田舎の家では、義理家族たちがストレスを投げ合いつつ楽しく過ごしていることでしょう、が、内向的な私たち家族としては、ストレスなく、のーんびりと暖房が利いた我が家にいるのがこの上なく幸せです。 

感謝の気持ちで一杯の12月26日、年越しまであと5日のエントリーでした。 


皆様、どうぞご自愛のうえ、素敵なカウントダウンでありますよう、祈っております。

0 件のコメント:

コメントを投稿