2017年11月18日土曜日

フランスのここがキライ、学校教育編


秋まっ盛り、いかがお過ごしでしょうか。
こちらフランスは晩秋というより、初冬の二文字の方がフィットする朝を迎えています。

今日は久々に、「フランスのこういうとこ、キライ」シリーズ、教育編をいきたいと思います。
今、兄猿は12歳。日本だったら小6ですが、フランスでは中学2年生。チビ猿は10歳。早生まれですので、日本、フランス共に小5です。
ちなみにフランスでは小学校は5年制ですので、チビ猿も来年から中学生。時の流れの早いこと!
近くにある乗馬場、午後3時で夕焼けという・・・・・・
さて、学校。
9月に新学期が始まり12月下旬で、1学期が終了します。
新学期の一週間、キックオフはテストでした。これは生徒個人の出来と言うよりは、クラス全体の、今までの勉強の理解度を確認したいから、ということで、まあ理解した。

でも一事が万事とはこのこと。


その後もテストが多いこと!

フランス語は、毎週聞き取りのテストがあります。チビ猿は週三回。
他の教科も隔週くらいでテストがある。
その上、10月後半は秋休みに入る前に、中間テストの一週間もありました。
そうなると、「ねえ、いつ習っているの?」と聞きたくなる。

2週間前は午後4時でもこうだったのに・・・・・・
もう一つ気になっているのは、点数に拘る点。
フランスは20進法の国でテストも20点満点ですから、そこらかしこで「バカロレアは10点が足切りだけど」「13点はマズい、15,16は欲しい」とか、そういう話ばかり。
たった1,2点の違いで騒ぐのはあまりに悲しいから、200点満点制にしたら良いのに、と、論点を外したことを思ったりする母猿です。

逸れましたね、戻します。

中学になると、学校とのコミュニケーションに、オンラインシステムを導入していて、宿題など書き写しそびれていたら、そこで確認できるというのは文明の利器! 
なのですが、もちろんそれだけではなくて、テストの結果と、そのテストのクラス、学年の平均点、そしてそれに対する自分の位置が分かるようになっています。
これは私立だけでなく、公立校でも導入されていると聞いてます。

兄猿は、テストが返されると、家に帰って、まず自分の立ち位置を確認し、平均より上だとほっとして、たいして良くない点数でも堂々と見せてきます。
「何これ。何で得意科目でこれ?」
と問うと、
「でも、平均より上だよ、みんなできなかったんだよ」
と答える。
でもさ、そういう問題じゃないと思う。君は頑張ったのかい?本当に全力だしたの?できなかったところがあったことは悔しくないの? 誇りはどこにいったのよ!
と思うわけです、母猿としては。
ベルサイユ宮殿へ繋がる道。
街路樹の背の高さに、志も連動させようよ
この立ち位置確認システム、いいような悪いような、だと思う。
学年において、自分ができてる、できてない、ということを知るのは役に立つとは思う。できていないは特にそう。マズい!とお尻に火がつきますからね。

でも一方で、本当に役に立っているか、とも思う。

子供たちの頭の中は「点数」で一杯になります。
この年の子供たちには、学ぶ喜びで頭一杯にして欲しい、好奇心で頭一杯にしてほしい。

クラス、学年の平均よりもっと点数を採れた!と言って喜ぶ。

そんな小さな世界で競争心煽ってどうする。そんな小さな競争ばかりしていると疲れちゃうし、もっと大きな世界を見ずに終わっちゃう。

メソッドとは異なる道筋で答えを見いだしたのに、採点上はゼロとなる。

銀河の定義を一言一句暗記して書けという。銀河の定義って、何よ。未知のことだらけじゃないの?未知のことを考えさせないで、定義し、それでお終いって、好奇心をつぶしていない?
ワイルドに育ってもいいのよ
最近の、価値観ぶれまくりの世の中で、自分の良心をしっかり保持し、幸せになって欲しいのですが、良心も幸せも数字では計れないものだし、これでいいのか? と憂う母猿なのでした。





0 件のコメント:

コメントを投稿