2014年12月23日火曜日

風は冬色

先週は兄猿でしたが、今週はちび猿が風邪で寝込んでいます。

そんなこともあり、せっかくの冬休みですが、旅行もせず、のんびりしています。
これはこれで好き。
家族で、日本で、日常的なフツーの冬を過ごすなんて、夢にも思っていませんでした。
今頃、フランスでは、義理の家族が集まっているかと思うと、何故かニヤニヤしてしまう私です。

昨日は、ママチャリで所用をこなし、気づけば20キロほど走りました。
自転車道を走るとき、頬を冷たい空気がこすって行く、そして風景が流線になって後ろへ後ろへと流れていくと、ああ、こういうの、昔よくあったな、と子供の頃を思い出します。

それは子供の時の自転車なのか、「トムは真夜中の庭で」の一シーンなのか。
「トム……」では、最後の方に、川が凍っているのを子供たちがアイススケートしながら下って行くという場面があります。

冷たい空気を切るようにビュンビュン滑る。頬は真っ赤になり、耳がちぎれそうなのも感じない。転んだらすごいことになるけれど、転ばないと信じて飛ばす飛ばす。

このシーンはまるで自分が滑っているかように、ドキドキして、凍てつく空気を実感しながら読んだっけな。

(ここまで書いておいて、これ「トム…」じゃないかもしれない。「ハヤ号セイ川をいく」かも、です。確認しておきます。)

約40年後の今、ママチャリに乗り、買い物袋をかごに入れて、風を切る母猿。
でも、もう子供の頃のような無鉄砲な乗り方はしない。
どこか、おびえた走りをするようになっちゃった。

後方に続く兄猿をチェックすると、頬も耳も真っ赤、目はスリルに輝いている。
一度この快感を知ってしまったら、もう止められないね。

今日はイブですね。ちび猿の熱が下がれば、山手カテドラルの聖夜御ミサに行く予定です。

皆様はどうされるご予定ですか?
Wish you a Merry Christmas!
すてきな聖夜を~♪



0 件のコメント:

コメントを投稿