2014年12月15日月曜日

最近の兄猿

今年も登場、聖歌隊のネズミどん。
ご無沙汰しております。師走に入り、文字通り、クリスマス・ショッピングやら、学校の用事やらで走り回っておりました。

子猿たちも学期末でイベントが続き忙しくしてましたが、冬休みに入った途端、緊張の糸が切れたのか、日曜日に兄猿が熱を出しました。

最近また背が伸び、すっかり少年と化した兄猿も、熱にうなされ寝ている姿はまだまだ幼く何故かほっとする母猿。


熱を出した前日は、こちらに来て以来仲良くしていた友達に、冷たくされて、とまどい、悔し涙まで浮かべていました。


それでも、翌朝は、熱っぽい顔をしながら、

「きっと、昨日は、自分の家に大勢の人が来て、大きいコもいたから、興奮して変だったのかも。きっと今度会うときにはいいコになってると思う」
といつもながらのポジティブ・シンキングです。

2014年、兄猿にとって絶好調すぎるくらい楽しい一年だったと思います。最後にちょっとがっかりすることがあって、そして熱のおかげでちょっとスローダウンするくらいでちょうどいいのかな?


夏に日本に来て、英語環境のインターに放り込んで「どうかなぁ」と思ってたけれど、インターの子供たちは、のどかというか、穏やかというか。また一クラス12名前後と少人数なこともあり、みんなやさしく、お誕生日にはクラスの男の子全員を招いてくれるし、みんなに受け入れられて、兄猿、とてもうれしかったと思う。


パリの学校も良かったけれど、私立とはいえ、1クラス30名以上いれば、グループ化するし、グループ化すると孤立するコもいる、フランス人は小さな意味でコンペティティブなコが多いと思うし、勉強に対するプレッシャーも強かったし、......今振り返ると、なんていうか、もっと緊張を強いられる環境だったと思う。


今の学校は、この点においては、まさに逆。プレッシャーをかけない、自信を養う。これを徹底しているよう。

一つの例を挙げると、小学校4年生(日本のシステムでは3年生)では、まだスペルについてうるさく言いません。私のように、それ違う!汚い!と怒鳴っていると、書く喜びをしぼませてしまうらしい。今は、想像力のまま、思ったままに、自由に書くことが大切とか。(それにしても、字汚いし、解読不可能なんですけど……)


カリキュラムも、算数と音楽、日本語こそあれ、他の、国語、社会、理科という科目はなく、代わりに「読むアトリエ」「書くアトリエ」「課題」というクラスがあります。
読むアトリエでは、グループで本を決め、それぞれに読んでは、疑問に思ったこと、面白い表現と思ったところ、語彙の発見などを話し合うようです。
書くアトリエでは、小説を書いているようです。登場人物のキャラクター構築とか、指導があるよう。
「課題」というのは、たとえば、最初の課題は「脳」。脳の各部位の働きなどをグループで調べていましたっけ。その次には、人の感情について調べたのかな?最後にはいっちょ前に、パワーポイントを使ってプレゼンしたようです。

この学習法が、兄猿にはとても楽しいようで、先生やクラスメートもポジティブなコメントを寄せてくれるもんだから、やる気が出て、最近は「ボクは小説家になるかも」とか、「発明家になるのもいいかも」などと言ってます。以前は「パン屋になる、そしたら食いっぱぐれないから」と手堅い(?)こと言ってたけど、今はもう少し自分の可能性を信じる気になってきたのかな。

だじゃれ好きのちび猿
一方、家ではダラダラ、永遠のベイビーなチビ猿も、学校ではそれなりに集中力を持ってやってるよう。「彼は言葉もままならないのに、いつも果敢にユーモアのセンスを発揮しようとしているのが素晴らしい」とコメントを頂きました。
……これが「素晴らしい」ことかどうかは分かりませんが、英語できなくても、ふざけようとする、アヤツのふてぶてしさが、ある種、うらやましかったりもします。

……さて、こんな兄弟猿をイメージして書いた子供向けの小説、ついに紙での出版準備が整いました。第一巻は1月中に紙の本としてアマゾンにて発売される予定です。

児童書なので子供には紙版がいいと思うのですが、もし「読んでみたい」という大人の方がいらっしゃるのでしたら、Scribdという米大手サイトに電子書籍版をアップロードしました(無料)。これをEbook リーダーなり、スマホなり、PCなどで見て頂ければ幸甚でございますです。

ただ、このサイトは、ルビに対応していなく、たとえば、「対応たいおうする」という風に漢字とひらがながダブルで表示されています。ウチの子猿たち向けに、小2以降の漢字全てにルビを振ってあるので、読みにくいようでしたら悪しからず....。

何卒よろしくおねがいいたしますです。
電子書籍版のURLはこちらです↓
イサムとタケルのミラクルジャーニー 

お風邪など召しませぬよう、ご自愛くださいね!
また行きます!

2 件のコメント:

  1. 美紀さんのブログを読んでいつも自分の子育て反省してるのですが、すぐ忘れてしまうので今回もまた反省してます。そうそう、ポジティブ、ポジティブ。これってやっぱり自分の子には難しい! 先生達も自分の子には意外にネガティブだったりして…。

    本の出版おめでとうございます!もちろん買います!!! サインお願いしますね!

    返信削除
  2. Amichablisさん、いつもありがとうございます。近所のアメリカ人家庭を見ていると、ポシティブ、やってます。私にはできないわ。本は、オンデマンド出版なので、最低価格でも割高(薄い本なのに1020円、3冊かったら3060円)なので、申し訳ない感じです。でも一冊にまとめたら、その厚さに、子供達ひるんで読まないだろう、と思って3冊に分けたのです。万が一、ニーズがあるようだったら、1冊にまとめて出し直おうかな。……なんてことができるのがオンデマンド出版のいいところだなぁと思っています。

    返信削除