2014年5月12日月曜日

チョコレート・プディングとナツメヤシのケーキ

前回のエントリーより、少し間が空いてしまいました。

まもなく引っ越しすることが決まった我が家。

ようやく少しずつ片づけを始めたのはよいけれど、ずっとカーブ(地下の物置)に入れられたまま忘れていた本を見つけては読み耽ってしまって、中々仕事が捗りません。

週末は、台所の片づけを少し。
フランスを発つと思うと、棚に転がっているチョコレートや、我が家ではそんなに消費量が多くないバターなども、別れ難く。
そこで、残り物整理を兼ね、いつになくお菓子作りに励みました。

まずはイギリス風チョコレート・プディング。
子猿たちが食べてくれるように、とフォンダン
(粉砂糖を水少量で解いたもの。ここでは色づけに醤油を垂らしてみました)
を掛けるという戦略がバッチリ。3時間後には100°分しか残っていなかった!
 おいしくできたので、レシピもご紹介します。
・玉子3コ
・砂糖、バター(有塩、というのがキー)、小麦粉、ダークチョコ、それぞれ125g

まず、卵白を固く泡立て、別途、卵黄は砂糖を加えて白っぽくなるまで泡立て、バターとダークチョコを溶かしたもの(牛乳を大匙3程加えました)を加え、次に小麦粉も加え(レシピにはなかったけれど、不安だったのでベーキングパウダーを小さじ1杯弱加えました)、最後に卵白を混ぜて、型に流し入れる。予熱炊きした190度のオーブンで30~40分程焼きました。


このケーキはたとえ中が生っぽくても美味しいので、焼き過ぎないよう気をつけてください。


こんなに大きなチョコレートケーキ焼いておいて、何を言う!と思われるかもしれませんが、私が本当に食べたかったのはフルーツケーキでした。


ブランデーの香りが利いてて、ドライフルーツがたくさん入っているアレです。

それを濃く淹れたミルクティーと食べたい、と思いつつ早何ヵ月。

未練を残してはいけない、食材が豊かで美味しいフランスにいる間に楽しむべし、と思い、こんなケーキも作った!

ナツメヤシ、って食べたことありますか?私はカタールで知った果物です。
ヤシの木にブドウみたいに生ってて、自然にして羊羹のような食感、甘さでして
糖分以外の栄養価も高いとか。
写真のはチュニジア産だと思うけれど、中東のはもっと大きくて肉厚で柔らかくておいしいのです。
上のナツメヤシ、その他干し杏、手作りのビターマーマレード、そして
アルマニャックを混ぜ……
さらに豪華、ヘーゼルナッツと松の実(が何故か手元にあったので)を
軽くオーブンでローストし、上のドライフルーツに混ぜ、
ケーキに焼き込みました。
ケーキは、
玉子3個、バター、砂糖、小麦粉各々125グラムを
先ほどのチョコレート・ケーキと同じ要領で作り、
最後にフルーツ・ナッツを混ぜて、185℃のオーブンで
焼きます。
(ケーキ型が小さかったので30分ほど、大きい場合は調整してください)

中身はこんなに具がぎっしり。
フルーツ類が甘いので、砂糖の量を減らしても良かったかも。

そして茶砂糖があればもっと良かった。
(……そしてアルマニャックの量を増やしても良かったかも。え~い、上から振り掛けちゃえ!)
天気がものすごく不安定だった今週末のパリ。
午後はこのナツメヤシケーキを持って義理の両親のお宅にお邪魔しました。
もうすぐ発つことを寂しがってくださってて、「よかった、好かれてたんだ」と有難く思うと同時に、こんなに存在感ある人が近くにいなくなることに私も寂しさを感じました。
「2年なんてあっという間ですよ」
「そうね、そうは言うけれどね」
転勤って、これがね。
「しばしの別れ」とわかっていても、歳ともに、人生何でもアリ、というものわかってきたから、「しばし」でも別れはこわい。
「すぐ戻ってきますし、バカンスにも戻ってきますし」
「そうね、そうね」

そんなにおセンチにさせてしまったのに何ですが、伯爵夫人のマナーブックがアップされました。
お題は、「会話の掟」です。
お時間あるときにでも、コチラもご笑読くださいませ。(※あくまでもフィクションですからね~)

フランスも明日からの2週間は久しぶりに祝日が混じらない真っ当な2週間。
飛び石連休でだらけた身体にムチを打たねば。

どうぞ良い月曜日を~!

4 件のコメント:

  1. 前回のナツメグにもかなりびっくりしましたが、今回もお色付けにお醤油とは・・・。脱帽。シャポー。さすがです。
    2つ目のナッツとドライフルーツのケーキの美味しそうな事!(お醤油の方も美味しそうです!) 是非私も作ってみます。松の実ってやたら高いんですよねー。クルミにしておきます。

    返信削除
  2. Amichablisさん、いつもコメントをありがとうございます。励みになります。
    さて、お醤油で茶色に…というのは友人のFBにより得たアイデアです。ちょっとひなびたあまじょっぱさがいい感じでした。
    そうそう、松の実って高い!なのでほとんど買ったことがない!のに、或るレシピを作ろうと思って買い、結局作らなかったのがそのままになっているのを発見して、強引に入れてみたのです。松の実って、こってりしているけれど、癖がない味でお品があり、こういうお菓子の格を上げる!って感じ。なんて、子猿たちは見向きもしなかったケーキですし、自己マンですが!

    返信削除
  3. こんにちは!
    伯爵夫人のマナーブックを楽しく拝見しました。
    私の義理母はニューヨークですが彼女がフランスに住んでいた時に習った話題にしてはダメ事項を思い出しました。それは全て他人にとっては恐ろしくつまらないからだそうです。見た夢、体調、睡眠、月のモノ、お金、ダイエット(特殊な食事制限も含む)と最後にルートの話。(どこからどうやって辿り着いたか、高速渋滞の話等)。
    それにしても家事の掟はちょっと厳しいですね、私だったら I appreciate your concern, but it’s not necessary.This is MY home and family.
    と言うでしょうし、夫がバックアップシてくれなかったら怒りますね。
    お互いハイソ的なマザーインローを持って大変ですね。

    返信削除
  4. 匿名さん、コメントをありがとうございます!そして伯爵夫人を読んでくださってありがとうございます。匿名さんも義母さんが意識高い方なのですね?。見た夢の話、個人的にはとても興味あるけれどなぁ。……色々な嫁姑の問題を聞いていると、何よりつらいのは、夫が優柔不断だったり、自分の母の肩を持つときです。板挟みなのも判るけれど、でもやっぱり妻をサポートしてあげて欲しいなぁ、と思います。
    さて、多分明日あさってあたりに、第17回がアップされると思われます。
    お時間あるときにでもご笑読頂ければ嬉しいです。

    返信削除