2015年4月5日日曜日

20年ぶりの中国旅行

西湖、靄が似合います
春休み、中国は杭州に行ってきました。
杭州は西湖で有名な街、中国では、10大美景地とされています。
そんな杭州を、フォトログをどうぞ!
しっとりとした緑。
日本のそれより少し濃いめです
ソメイヨシノもあちこちに…
柳が綺麗で綺麗で……
龍井(ロンジン)茶が有名。
茶畑は日本と似ている?
ご覧の通り、風光明媚な杭州。
私達は上海から新幹線で移動しました。1時間15分くらいです。
街には中国各地から見えたと思われる中国人観光客で混み合っていました。
中国にも、こうして観光旅行ができるミドルクラスができたのですね。
昔この地に住んでいた夫は、人ごみや車の多さに驚いていました。
こういう石仏のほか、お寺には金ぴかの大仏もおられます
そうそう、杭州には、中国には珍しくお寺が残っています。文化大革命の時に、見落とされていたため、壊されなくて済んだとのこと。拝観料がやたら高いのがむかついたけれど、東大寺サイズの境内に、ところ狭しと仏像があり、見応えありました。

帰りに上海も一応見ておこう、と一泊しました。
ロンドンのレスタースクエアのような南京通り
金ぴかのお寺(その名も静安寺)に苦笑し・・・
小籠包は押さえなくてはね
上海は、あまり好きじゃないな。
以前は自転車の洪水だったのが、超高級車が時折混ざっているけれど、基本ぼろ車の洪水に取って代わっただけで、その他、あまり20年の進化を感じることができませんでした。

それにしても、本当に、フェースブックやグーグルが繋がらないんですね、中国。
街中には、「愛国」と書かれたポスターがあり、ふと付けたTVでは間抜けな顔した日本人役の兵隊が、悪いことして、リッパな中国兵にしてやられるというドラマが放映されてました。
こういう教育は良くないと思うんだけど。

それでも個人レベルでは、私が日本人だと分かると、みんなが好意と好奇心を持って接してくれているように感じました。傲慢に聞こえるでしょうけど、中国人は日本人が好きだと思います。ただ言えない雰囲気なだけだと思う。

この国はこの先どうなるんでしょうね。富の分配が余りにもいびつなのが目に付くせいか、このままいくのかなぁ、と疑心暗鬼になりました。

ほかにも思ったことがありましたが、今はとりあえず、ここで筆を置きます。

明日から新学期。
頑張りましょうね!





0 件のコメント:

コメントを投稿