2016年3月28日月曜日

春、いろいろ

ご無沙汰しております。
子猿たちの学校は、先週一週間が春休みだったことと、締め切りが迫っていたので、なかなかブログにたどり着けませんでした。

締め切り? そうなのです。有難いことに、NHK出版社の「テレビでフランス語」誌にコラムを寄稿するという、素晴らしいご縁を頂いたのです。
4月号より半年ほど連載します。
イラストは、エトランゼブログの私の似顔絵を描いて下さった
小川健一画伯です。
当誌は、教育テレビのフランス語講座のテキスト本です。「いやぁフランス語を習う気はないよ」という方も、押し売りはしませんが、一度手にとって読んでみていただきたいです。他の方々のコラム、エッセイがとても面白いのですよ。これで4百円+、読み応えあります。何卒よろしくお願いいたします。

さて、春休み。
今回は、ここに行きました。
わかりませんか?
これならわかる?
イースター島?
もう一枚!
壮大な海でしょう?
これ、なんと江ノ島です。
東京育ちですから、子供の頃から数え切れないほどお世話になっている藤沢の海岸、なのに、
江ノ島に上陸したのは、ほとんど初めてでした。

兄猿が「洞窟があるんだって、行こう行こう!」っていうから、
お付き合い、と思って行ったのですが、侮れないな、江ノ島、軽んじててゴメン、でした。
洞窟も本格的でした。
昨日は復活祭でしたね。
蘇る季節、立ち上がる季節、芽を吹く季節。
別れがあって、出会いがある、そんな季節ですからね。
毎日毎日、一皮剥く、そんな気持ちで、前へ前へと進もうぞ!
ではまた行きま~す!




3 件のコメント:

  1. あれー、今年も豪太君なんですね。
    もう1年で大分喋れる様になったから新しい人に
    バトン渡しても良さそうなのに。

    返信削除
    返信
    1. このコメントは投稿者によって削除されました。

      削除
  2. 山本様、ブログを見て下さりありがとうございます。私の友人は、この豪太君のファンです。きっと人気が高い人なのでしょうね。私も上達できるように頑張ろうと思います!

    返信削除