2014年10月21日火曜日

丸の内ものがたり

昔のビクトリア風赤煉瓦の三菱一号館美術館がある一角。
後ろには新品の高層ビルがくっついています。
先週金曜日は、一般公開が始まったばかりのミレー展を観に、三菱一号館美術館に行ってきました。
同行してくれたのは、高校からの友人でAKちゃん。
ミレーといえば、フォンテーヌブロー。フォンテーヌブローといえばInsead、我が母校だし、農民の絵には何故か惹かれるし、バルビゾンにも何度か足を運びました。
そしてAKちゃんといえば、パリ大美術史の博士号を持つ才女。
下手な写真で申し訳ございません、ミレー氏よ。
是非、上のミレー展のリンクで正しく撮られた名画「種まく人」を観てください。
展示会初日に、遠方から観にいったのです。
素晴らしいでしょ?この芸術欲。それはそれは造詣深い話になったかというと……

ミレーの描く、力強い農民の働く姿を観てたら、働いてもいないのにお腹が空いちゃってね。
三菱一号館美術館に併設されているオシャレなブラッセリーに招いてくれようとするAKちゃんを、強引にオヤジくさい牛タン屋に引き込み、AKちゃんの、「何故遅刻しちゃったのか」というのに、「いいよいいよ、東京駅、わかんないもんね、もう年だからなんでも時間がかかるよね(?!)」という、たわいもない話となったのでした。

東京駅、丸の内辺りは、そこで働く機会がなかった人には、たとえ生粋の東京人だろうとも迷路のようです。
特に今の丸の内は、もうディズニーランドのようにピカピカで美しく、オシャレで、日中は人混みも少ないので、映画のセッティングに入ってしまったような不思議な感覚。

そんな中、ふと目に入ったのが東京會舘。
私が、「あぁ」と思ったのと同時に、
AKちゃんも、
「あ、東京會舘があった」
この「あった」は「見つけた! 」という意味の「あった」ではなく、「そうだった、東京會舘があるじゃない」という「あった」だったと思います。
AKちゃんの、プルーストのマドレーヌ的な東京會舘のプチフール。
これは秋バージョンです。
そして私の「あぁ」は、
「そうだった、日本に来たら、東京會舘に行くんだった」
というのを想い出しての「あぁ」です。
このことを、東京會舘を見かけるまで、まるっきり忘れていたというのでもありません。
パリから戻ってきて、東京駅に行くたびに、皇居を遠くに認めるたびに、「あの近くにあるんだよね、T會舘」って想ってて、いつ行くことになるんだろ、私、って気になっていたのです。

東京會舘は、井上靖の小説「化石」に、T會舘として登場しています。この大作のタイトルが「化石」というのの、理由がここにあるという、大切な場所なのです。

「化石」では、ガンに冒され、もうまもなくこの世と別れるだろう初老の主人公が、この何ヶ月もの間、死と会話し、死との対面の準備をしている、その道筋を記した話なのですが、そんなある日、主人公はT會舘の、化石が埋め込まれた大理石のロビーにて友人が来るのを待っている。すると、太古からの時の壮大なる流れが実感されて、その中にいる自分の死を自然なこととして受け止められる……
という、主人公が、死を受け入れる心境になる、読者も死とはそういうものなのか、と説かれる、そのステージがT會舘なのです。

もしお時間あるようでしたら、以前小説「化石」について書いたことがあるので、コチラを観てくだされば少しわかるかな。

そのT會舘が、映画のセットのような新・丸の内の脇道にふっと現れ、AKちゃんという、お互い高校時代からの30年という時間の重みを現実のものとして実感できずにいて、気持ちだけは永遠のティーンエイジャーなる、ふわふわマインドの同志と一緒に足を踏み入れ、ついに、あの「化石」のロビーを探した!

でも、ワカラナイ。
このロビーの、この壁のことを言っているような気がするけれど、どこかで違うって知っている。
「聞いてみなよ」とAKちゃんは言うけれど、
「え~、変だよ。なんて聞くの? 『つかぬことを伺いますが、私が生まれた頃に書かれた、ま、それって約50年も前のことなんですけどね、井上靖の「化石」という小説をご存じですか? その一場面に、こちらのロビーが出てくるのですが』……なんて聞いても、あんな若い人たち、『は?』ってなもんでしょ。」
なんていうやりとりをしていたら、とても真摯な印象の職員の方を見つけましてね、吸い寄せられるように、「あの~、つかぬことを……」というセリフがスラスラ出てきて、尋ねたところ、とても温かい対応を受け、実は・・・・・と教えていただいた話は……。

長くなるので、以下、第二部に回してもいいのですが、めんどくさいので一気に書きます。お読みになる方は、ここで一度閉じてくださってもかまいません。

::::::::::::::::::::::::::::::
現在の東京會舘は、今から約40年前に谷口吉郎氏により建築されたので、実は、「化石」に出てくるロビーは、もう取り壊されたそうです。
ところで、谷口氏は、その頃としては先鋭なるアイデアを持っておられ、アーティストとのコラボを実現されたとのこと。ロビーのモザイクなど、猪熊弦一郎氏の作品が多く置かれています。マティスを彷彿させる、ポップなアートは40年経っても魅力があせないものですね。

猪熊氏のモザイク。©AKちゃん
さて、問題の化石ですが、旧館を取り壊すにあたって、あまりにももったいない、ということになり、一部を11階、12階のエレベータホールに移動されたそうです。今回は無理を言って、見せていただいてしまいました。

ジャジャーン!
という割には下手な写真でスミマセン。
コレニア大理石は、約6億年前の珊瑚の化石からなる大理石だそうです。
思わず両手をあててしまう。
目を瞑ると、ひんやりとした感触の奥に、何かが見える。
でも何にも見えない。
宇宙みたいな際限ないものを漠然と感じるのです。
すごいね、化石って。

そしてこの大理石で作られた旧館は、関東大震災にもびくともしなかったそう。
小説によると、当時は、こうして大理石を使った建物がいくつもあったそうです。
現代は、豊かになったようでいて、昔はできたことができなくなっている。
古いものを壊さずに、新しい技術を積み重ねていければいいのにね。

というのも、この建物も、丸の内ディズニーランド化の波の中、来年1月に取り壊しをはじめ、2018年頃に新しくなってお目見えとなるそう。新しい建物はどんな感じなのでしょう。

そのときにこの大理石を移築するのでしょうか。
もし、しないのなら、是非、一般の人々に買い取るチャンスを与えてほしいです。

ちなみに、現在のロビーも大理石で作られています。それも職人さんが手によって打ち均したという、現代ではあり得ない手の込んだものです。これはどうするんだろう。そして猪熊氏のモザイクは?

最後には現実的な気持ちにもなり。
でもやっぱり、この日は時空を超えた空間にトリップしたような、夢のような時間だったな。

でもね、家に帰ったら、掃除・洗濯・炊事・育児が待ち受けていて、ま、ショウガナイ。

長文にお付き合い頂き感謝です。
また行きますね。



2 件のコメント:

  1. みきさん、ご無沙汰してます。
    フォンテーヌブローとは縁のない所に住んでいますが、先日とある会食パーティーで同席したカップルが、ここの(お城のような)別荘と、パリとフォンテーヌブローの3つの家を行き来しなければならないので、大変でござーます、みたいなお話に相づちをうっていた私ですが、そのだんなさんはInseadで教えているとのこと、みきさんのこのお話を読んで、あーなるほど、この学校のことだったのね、と今うなづけました。それにしてもスノッブで疲れました。

    返信削除
  2. あれ?さっきコメント入れたつもりなのに、残っていませんね。
    ひろみさん、ご無沙汰です!お声が聴けて(?)うれしいです。
    Inseadはフォンテーヌブローの森の端に隣接しているのです。フォンテーヌブローの森は本当に大きくて、巨大な岩がごろごろあり、ロッククライマーの聖地といわれているスポットもあれば、ただただ木々が連なるエリアもあり、学校は後者に繋がっていたので、良く散歩・ランニングしたものです。

    スノッブな人、疲れますよね、よ~くわかります。どうやったら、自分をすり減らずにそういう人の話を聞くことができるようになるのか、未だに課題です。。。

    返信削除