2013年12月19日木曜日

ノエル、ワタシ・スタイル

なんのこっちゃ、と思われそうなタイトルですが、先日、某サイトに寄稿している「伯爵夫人のマナーブック」で、「ノエル、『コンテス・スタイル』」というのを書いたので、それを文字ってみました。

昨夜は、親しい友人ら4人を招いて、子猿も一緒のディナーを催しました。
子猿たちの提案で、メインは手巻き寿司です。
朝から、散らかったものを全部「押入れ」と言う名の我が寝室に押し込んで、掃除、料理でバタバタ。
でもお客様っていいですね、今朝は家がいつになくきれいなのこと!
お、そうだ、モップがけしなくては。
フランス人の方に靴脱げとは言えない私なのです。

Anyway、そんなバタバタ準備の昨日をフォトログで行きま~す。
まずテーブル・セッティング。
花でもあればなぁ、と思っていたら
このあとお客様にチューリップを頂きました。Yuppi♪
アペリティフのアテはこの高級チップスと「京子」で買ったピッカラ
一度やってみたかったヴェリーニ
(っていうんでしょ?こういうガラスに入っているの)
義母のポタジェから採れたニンジンの冷製とイカのサラダ・韓国風
ニンジンは、鶏ガラスープのジェラチン質で煮こごり風になりました
私はおいしいと思ったけれど、イマイチ反応が鈍かったので
悔しいからアップで載せます。
思うに、ごま油ってフランス人に受けが悪い?
それとも私の周りだけ?
お寿司が苦手な人もいるかな。
鶏肉をとんかつソースとニンニク醤油+蜂蜜で漬け込んだものを
巻いてみた

上の巻物に入れたのはカイワレときゅうりと
この緑色の大根です。京子のビオ野菜でみつけました。
瑞々しくって美味しかったこと!

ピカールで買った冷凍ロブスター、って書いてあるけれど、このチューブの中、
どうなっているんだろう、思いのほか安いしカニカマが詰まっていたりして、と思ったら……
こんなにちゃんとしたロブスターちゃんが出てきました
でも、食べるところが少ないのね。
エビも加えてアボカド・サラダ
これを手巻きにするとめちゃウマ
チョコレートタルトは、いつも残ると飽きるので、ホワイトチョコとブラックチョコにしました。
ホワイトは子猿用と思っていたら大人にも喜ばれたのが意外!ちょっとキャラメルっぽい味でした。
これしか残らなかった! 
これは成功の証?
このほかに、焼いたシャケのほぐしたの、卵焼き、エビフライ、マグロのレモンマリネ、デザートにはフルーツサラダもと、作った作った。
北海水産のエビフライ、フランス人に人気なのは知ってたけれど、今回もそう。
シックな男女が子猿たちのように、エビフライ巻を作ってました。
こうしてエビフライ巻は、お寿司の国際市場でスタンダード化されるのでしょう。

和やかなひと時が過ごせたし、こういう風に自由に料理を考えて作るのは楽しいし、今夜は余りもののシャンパンもポイヤックもあるし(うっしっし)、良かったよかった。

これを持ってして、ノエルまでの大イベントは終了。
今日はのんびりするぞ!(と幻想に終わることを知ってるくせに、言ってみる)

東京も雪が降ったとか。
どうぞお風邪など召しませぬよう、ご自愛くださいませ♪

2 件のコメント:

  1. すごいすごい!張り切りましたねー!
    私の経験上では、フランス人はイカはあまり好きじゃない(=嫌い)って方多い気がします。ごま油ではないのでは?
    緑の葉っぱのお皿何故かうちにもあります。
    ロブスターまで本当にすごいっ!いつも「買いたいなぁー」と思いつつ手が出ません、我が家は・・・。こーんなにご馳走されてたお客様、何と幸せな!!!

    返信削除
  2. Amichablis様、いつもありがとうございます。このロブスターは、何と6.50ユーロです。(Picardの今月のお買い得品名目にあります)。そうか、イカがにがてだったのか! この緑の葉っぱ皿、ワタシも別の方のブログで見たことがあります。コンテスから「もう使わないから」ともらったものです。便利ですよね、緑の皿って!

    返信削除